ChromebookのLinux環境に日本語をセットアップする

ファイル編集用にnanoをインストールします。

sudo apt install nano -y

最初にlocaleの設定を行う。

sudo nano /etc/locale.gen

/etc/locale.genの「ja_JP.UTF-8 UTF-8」のコメントアウトを外し保存する。

ja_JP.UTF-8の反映

sudo locale-gen
sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

localeの設定が終了したらMozcをインストールする。

sudo apt install fcitx-mozc -y
im-config -n fcitx

次にFcitxの設定を行う

sudo nano /etc/systemd/user/cros-garcon.service.d/cros-garcon-override.conf 

cros-garcon-override.confを開いたら、下記の記述を追加する。

Environment="GTK_IM_MODULE=fcitx"
Environment="QT_IM_MODULE=fcitx"
Environment="XMODIFIERS=@im=fcitx"

Fcitxの自動起動の設定を行う

sudo nano ~/.sommelierrc

.sommelierrcを開いたら、下記の記述を追加する。

/usr/bin/fcitx-autostart

諸々のファイルの編集が終了したら、下記のコマンドを実行する。

fcitx-autostart

一通りの設定が終了したら、ターミナルを再起動させる。
ターミナルが開いたら、次のコマンドで設定を行う。

fcitx-configtool

Input MethodにMozcを追加する。

 

日本語フォントをインストールします。

sudo apt install -y task-japanese locales-all fonts-noto-cjk

ターミナルの再起動で、日本語入力が出来るようになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です