Postfixadminのインストール

Postfixadminをインストールします。

最新バージョンのPostfixAdminをGithubからダウンロードします。

# cd /var/www 
# git clone https://github.com/postfixadmin/postfixadmin.git

config.local.phpファイルを編集して、データベースへの接続設定をします。

# nano /var/www/postfixadmin/config.local.php
<?php 
$CONF['database_type'] = 'mysqli'; 
$CONF['database_host'] = 'localhost'; 
$CONF['database_user'] = 'postfixadmin'; 
$CONF['database_password'] = 'Strong_Password'; 
$CONF['database_name'] = 'postfixadmin'; 
$CONF['configured'] = true; 
?>

templates_c ディレクトリの作成

# mkdir /var/www/postfixadmin/templates_c

postfixadminディレクトリのユーザ・グループを変更します。

# chown -R www-data: /var/www/postfixadmin

Apache Web サーバーの設定

/etc/apache2/sites-available/postfixadmin.confを作成します。

# nano /etc/apache2/sites-available/postfixadmin.conf
Alias /postfixadmin "/var/www/postfixadmin/public/"

<Directory /var/www/postfixadmin/public/>
    Options +FollowSymlinks
    AllowOverride ALL
    Require all granted

    <IfModule mod_dav.c>
        Dav off
    </IfModule>

    SetEnv HOME /var/www/postfixadmin/public
    SetEnv HTTP_HOME /var/www/postfixadmin/public
</Directory>

サイトを有効にする。

# a2ensite postfixadmin.conf

PostfixAdmin初期セットアップ

http://your_server_IP/postfixadmin/setup.phpにアクセスします。

エラーがないことを確認して、セットアップ用のパスワードを設定します。
パスワードを入力して Generate password hash [パスワードハッシュの生成]ボタンをクリックします。

config.local.phpファイルを編集し、生成されたハッシュを追加します。

# nano /var/www/postfixadmin/config.local.php

$CONF['setup_password'] = '0584cbe2b03cad2e29c8be0127361e37:d41ceb2689b747cf143d1809aec7b8e6bdde983e';

ハッシュを追加したら、セットアップページをリロードします。

管理者ユーザーアカウントを作成できるようになっているので、管理者のメールアドレスやパスワードを入力します。
Setup Password は、上で入力したセットアップパスワードを入力します。
[管理者追加]ボタンをクリックして、管理者を登録します。

http://your_server_IP/postfixadmin/にアクセスすると、ログインページが開きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です