SAMBAのインストール

共有フォルダの作成と参照権の設定

$ sudo mkdir /home/share
$ sudo chmod 777 /home/share
$ sudo chown nobody:nogroup /home/share

Sambaのインストールを実行します。

$ sudo apt-get install samba -y

Sambaの設定

Samba の設定ファイル ( /etc/samba/smb.conf ) を編集します。

$ sudo nano /etc/samba/smb.conf

文字コード設定の追加とプリンター設定の無効化。以下を追加。

[global] 24行目付近、下記追加
   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932
   load printers = no
   disable spoolss = yes

ワークグループ

   workgroup = MYGROUP ← 適宜変更

ホームディレクトリ

writable = yesを追加

[homes]
   comment = Home Directories
   browseable = no
   writable = yes

プリンター設定は不要なので無効化
[printers], [print$] の項目は全てコメントアウト

共有フォルダ設定、以下をファイル末尾に追記

[share]
   comment = Shared folder
   path = /home/share
   guest ok = yes
   guest only = yes
   writable = yes
   create mode = 0777
   directory mode = 0777

続いてsmb.confの構文チェックを行います。

$ sudo testparm

下記の様な内容が表示されます。

Load smb config files from /etc/samba/smb.conf
rlimit_max: increasing rlimit_max (1024) to minimum Windows limit (16384)
Processing section "[homes]"
Processing section "[share]"
Loaded services file OK.
Server role: ROLE_STANDALONE
Press enter to see a dump of your service definitions

unknown, errorなどのメッセージが表示されなければ問題ありません(”syslog”関連のwarningが表示されるかもしれませんが、無視しても問題ありません)。

Samba用のユーザーを追加し、サービスを起動します。

$ sudo pdbedit -a XXXXX
new password: パスワードを入力
retry new password: パスワードを再度入力

Sambaの設定が終わったらSambaを再起動します。

Ubuntuの場合

$ sudo service smbd restart
$ sudo service nmbd restart

Raspberry piの場合

$ /etc/init.d/samba restart

ファイアーウォールの設定

iRedMailをインストールしてある環境では、/etc/default/iptablesの設定を書き換え、SAMBAの通信が通るようにします。
ファイルの一番下、COMMITのまえに追加してください。

$ sudo nano /etc/default/iptables
<中略>
# for samba
-A INPUT -p tcp --dport 139 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --dport 137 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --dport 138 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 445 -j ACCEPT

COMMIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です